Dongjak the Prestigious City Oriented by Good People

  1. Home >
  2. 銅雀区議会 >
  3. 发展历程

大韓民国の地方自治制度
1949. 07. 04 地方自治法(法律第32号)の制定
1961. 09. 01 臨時自治法に従い中断
1988. 04. 06 地方自治法全文改訂の交付
1990. 12. 31 地方自治法第8次改訂の交付(法律第4310号)
1991. 03. 26 第1代地方議会議員選挙
1995. 06. 27 第2代地方議会議員選挙
1998. 06. 04 第3代地方議会議員選挙
2002. 06. 13 第4代地方議会議員選挙
2006. 05. 31 第5代地方議会議員選挙
2010. 06. 02 第6代地方議会議員選挙

1949年7月4日、大韓民国政府の樹立後初めての地方自治法(法律第32号)が制定・交付された。1952年4月には市・邑・面議会議員選挙を実施、これにより地方議会が誕生した。しかし、1961年5月16日に軍事革命委員会より発令された布告令第4号により、従来の地方自治法は余儀なく中断され、同年9月1日に制定された「地方自治に関する臨時処置法」により従来の地方自治法は事実上その効力を失い、国家中心の完治行政的地方行政体制に立ち戻ることとあんった。その後1988年4月6日、法律第400号により全文改訂を施された地方自治法が交付されると、国内にて地方自治復活への動きが高まり、1990年12月31日の法律第4310号により改訂された法律に従い、1991年3月26日には基礎議員選挙が実施され、1991年4月15日、ついに初代基礎区議会が誕生するにいたった。
 
銅雀区議会の沿革
(法的根拠)地方自治法(法律第4310号:1990.12.31)第26条に従い1991年3月26日に地方議会議員選挙を実施
 
1991. 04. 15 第1代銅雀区議会開院-行政洞数:18洞、議員数:29名
1992. 04. 10 常任委員会を構成-3つの委員会(議会運営、総務財務、市民建設委員会)
1995. 07. 11 第2代銅雀区議会開院-行政洞数:20洞、議員数:30名
1995. 07. 12 常任委員会を構成-3つの委員会(議会運営、総務財務、市民建設委員会)
1998. 07. 14

第3代銅雀区議会開院-行政洞数:20洞、議員数:20名
常任委員会を構成-3つの委員会(議会運営、総務財務、市民建設委員会)

2002. 07. 10 第4代銅雀区議会開院-行政洞数:20洞、議員数:20名
2002. 07. 12 常任委員会を構成-3つの委員会(議会運営、総務財務、福祉建設委員会)
2006. 07. 10 第5代銅雀区議会開院-行政洞数:20洞、議員数:17名
2006. 07. 12 常任委員会を構成-3つの委員会(議会運営、総務財務、福祉建設委員会)
2010. 07. 08 第6代銅雀区議会開院-行政洞数:20洞、議員数:17名
2010. 07. 09 常任委員会を構成-3つの委員会(議会運営、総務財務、福祉建設委員会)

/dongjak2011/workspace/dongjak2011/src/main/webapp/WEB-INF/jsp/egovframework/jpn/cts/03/01/01/0301010101.jsp