Dongjak the Prestigious City Oriented by Good People

  1. Home >
  2. 銅雀区のあれこれ >
  3. 沿革

銅雀区は、 1980年4月1日、冠岳区から分離し、ソウル特別市の17番目の区として誕生した。その名称は、トンジェギナル(トンジェギの渡船場)から由来し、悠久な漢江と歴史を共にした。

韓半島の中部地域を流れる漢江は、同胞の生命線であり、はるか昔から歴史と文化の源泉であった。特に、土地が肥沃で自然の景観が秀麗な漢江下流の地域は、先史時代から我が民族の基盤となった。流れが豊かな国土の中心地として、中国との交通の要衝地として民族史の中心舞台となってきた。
<東国輿地勝覧>によれば、百済の発祥地であった漢江下流地域を高句麗の長寿王が占領(475)し、鷺梁津を境界として光明市に至る西側に仍伐奴縣、果川安養市に至る東側に栗木郡を設置していたものと推定される。三国統一後に仍伐奴縣は穀壌縣、栗木郡は 栗津郡と改称したが、「穀壌」は穀物がさくさん生産される農業地帯であり、「栗津」は栗の木の地帯と鷺梁津一帯に渡津村が造成されたことを意味する。

高麗の時には、穀壌縣を衿州、栗津郡を果州と改編した後、玄宗9年(1018)、中央集権化の一環として衿州は安南都護府に、果州は廣州牧に隷属させたが、中央官が派遣されず、地方勢力が治める自治県として維持された。

朝鮮王朝が漢陽に都を定めつつ、ノドゥル江(漢江)を間に置いた銅雀地域は、三南地域(忠清、全羅、慶尚)と首都を連結する漢城の関門となった。トンジェギナル、ノドゥルナルが開拓され、人と物資の移動が頻繁になりつつ、陣を中心とした社会経済的発展はもちろん、軍事的要衝地となり、粛宗39年(1703)、禁衛営所属の別荘が配置されるに至った。
行政区域は、地方制度を整備した泰宗16年(1416)に衿州は衿川縣、果州は果川縣として改編されるなど、変化があったが、正祖19年(1795)、始興縣に安定した。

孝行心がこの上ない正祖が、毎年水原の顕隆園に参拝するため、ノドゥルナルに全国の大きな舟を動員し、舟橋を架けて軍事護衛を受けてお出ましになった国家的行事が盛大だったが、このときノドゥルナルがある今の本洞には、舟橋の工事を主管する舟橋司と王がしばし休んでいく龍槐鳳湾亭が建立され、鷺梁津から水原に至る道路が改修されるなど、始興郡地域はさらに重要視された。

18世紀後半に自由商工業と流通経済が振興されるに従い、漢江を舞台とした江商が活気を帯びて漢城の人工が急増しつつ、水原から漢城を結ぶ道路沿いとトンジェギの渡船場渡津村が栄えた。
甲午更張以後8道制が23府制に改編されつつ、チャンスンペギを境界として仁川府果川郡と始興郡に属するようになり、日帝が朝鮮を強制的に占領した後には、今の冠岳区、永登浦区とともに始興郡に属したが、1936年京城府永登浦出張所に編入された。

光復後、永登浦区に始興、金浦、富川郡の一部が編入され、1973年永登浦区から冠岳区が分離されたとき、銅雀地域は冠岳区に属するようになり、ついに1980年4月1日、冠岳区から銅雀区が分離誕生し、最も美しく躍動的な自治区として発展している。

施設区分 ステシウシ・
医療施設
595か所(病院5,医院203、歯科114、韓医院90、薬局183)
学校 82校(幼稚園35、初等学校18、中学校16、高校8、大学3、特殊学校2)
公共機関

62か所(行政21、警察23、消防5、郵便局8、気象庁、教育庁、登記所など)

福祉施設

208か所(社会福祉13、児童福祉4、子供の家102、敬老堂80、老人福祉館1、青少年会館2、読書室6)

公園 37か所(近隣公園8、墓地公園2、子供公園27)
車両 87,871台(自家用85,084、営業用2,587、官用200)
エネルギー 40か所(注油所16、石油販売所9、LPG 販売所10、LPG充填所1、練炭販売所4)
市場 16か所(卸売1、百貨店1、小売市場14)
公務員数 1,165名(公務員1人あたり住民数:348名)

dongjak map image

view


/dongjak2011/workspace/dongjak2011/src/main/webapp/WEB-INF/jsp/egovframework/jpn/cts/01/03/01/0103010101.jsp